保険証の切り替えが遅れている

元々、私の持っていた保険証は親の扶養としての保険証でありました。しかし、この度自分の保険証を発行する次第となったのです。

アルバイト先に週5日で入ることとなり、社会保険に入れることになったのは良いのですがその切替の段階で期間が空いてしまっているのです。

 

今、私は2週間に一度は病院に通っております。なので、保険証は必須。なければ自費負担。けれども、新しい保険証がなかなか届かないのですよ、これが。

会社に問い合わせてみたところ、月末にしか私の手元に届かないとのこと。一応、5月付で入っているので過剰に払った分は戻ってくるのですが心臓に悪すぎます。

 

一度の通院&処方で3万近く吹っ飛びました。ジェネリック医薬品が無く、薬価が高いものも含まれているので仕方ないですね。

 

もう一度書きますが、保険証が届いたら過剰に払った分は戻って来ますが心臓に悪いです。これで持ち合わせや、銀行口座に余裕がなかったらと思うと……もう…………。

 

極端な話、私が運悪く交通事故で他界しても還付されれば問題ないよね?ということになりかねない。不安感が増して、果たして今履いている靴は本当に自分の靴なのかと立ち止まって確認してしまいます。

大丈夫、病院などで間違って他人の靴を履いてきたということはありませんでした。

 

もう社会保障のことは2ヶ月前から頼んでいたはずなのに、必要なときにないのは駄々をこねたくなります。

大の大人が駄々をこねる姿はさぞ見苦しいことでしょう。

 

やはり確認というのは重要なことで、そしてきちんと手続きは早め早めに済ませておくことに限りますね。今回の場合は、迅速な処理をを求めなかった私のミス。

そして、社会保障についての知識もあまりありませんでした。これまで親の扶養としての保険証だったので、その辺の認識が甘かったのでしょう。

 

無知は罪である。

 

この言葉を胸に刻み込んでおきます。知らないでは済まされないことがこの世にはごまんと存在しています。

現代社会において自力救済は禁止されていますが、情報と知識を持つことで自らの身は自らで何とかせねばなりませんね。

 

あと、自費だと医療費があんなに高いとは……。納税者、特に高額納税者の方々には平身低頭です。私の払う税金や保険料なんてたかが知れています。

国全体の社会保険料問題の一端を感じた通院でした。これが増々大変な事態となるのでしょう。毎月、結構な額の医療費がかかる身としては知っておかなければなりません。

以上。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事