必要なのは分散力と新たな発想を促す切り替えの上手さ

集中力はいらない

書籍情報

タイトル:集中力はいらない

著者:森 博嗣

出版年:2018年3月15日 初版第1刷発行

出版社:SBソフトバンククリエイティブ―SB新書

 

この一冊を読み「なるほど」という気持ちに

森博嗣という作家の名は広く知られていることだろう。『すべてがFになる』や『スカイ・クロラシリーズ』でお馴染みだ。映像化も複数され、その著作も安定して刊行されている。

いわば人気作家の一人だ。

 

その森博嗣氏が著したこの度の新書は、いってみれば氏の作家論や仕事術を凝縮させた本となっている。

私は『スカイ・クロラシリーズ』しか読んだことがないのだが、あの作風はこういったところから来ているのだな、と妙に納得してしまった。

 

1時間で6000字という早さの理由

以前、森博嗣氏は1時間で6000字打てると聞いて驚愕した覚えがある。私も小説やブログ記事を書いているからだ。どう頑張っても1時間に2000字がいいところだ。

それを三倍の早さで……。

 

と、思っていたところ実際は自分で決まったやり方があったようだ。それは10分間で1000文字程度を一気に書いてから、今度は趣味の工作や別の作業を行うらしい。

それを6回繰り返して総和で1時間に6000字というわけだ。加えて、仕事は一日1時間と決めて行っているので越えることはないそうだ。

 

まぁ、10分で1000文字というのも私にはすごいのだが……。

 

困難なことや時間のかかることは分散させる

そうは言いつつも、確かにダラダラと書けない書けないとモニターの前で悩んでいるより、書けるところまで書いて別のことをする。その間に良い案が浮かぶかもしれない。

 

このやり方は理にかなっているように思う。人の集中力は無限に、無尽蔵に続くわけではないのだ。

だったら、最初から体にも頭にも力を入れすぎずにポンポンとやれる所までやり、止まってきたなと気が付いたら思い切って切り替える。

やり残した家事をやるもよし、読みかけの本を読むもよし、森博嗣氏のように別の趣味に手をつけるもよし。

 

本書で学び取ったことは自分の集中力を過信しすぎないということだ。

 

ある一つのことに全力を傾け、常に100%の力で挑んでいたとする。すると、いつかはオーバヒートを起こすだろう。物事を突き放して客観的に評価する時間も持てなくなってしまう。

ならばいっそのこと、60~80%くらいの稼働で取り組んで一定の遊びを設ける。

この遊びの部分がリフレッシュや発想の転換をもたらすのかもしれない。

 

新書ながらも凝縮された一冊

書店には仕事術の本がずらりとならんでいるが、本書一冊あれば多くの点で役立つ場面があるはずだ。

具体的な仕事術は記されていないが、むしろ森博嗣氏のように具体性・過度な集中性は排され、ビジネスシーンだけでなく創作活動や日常生活までもを包括する良書であった。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事