効率化には敏感になろう!


(amazon.co.jpより)

書籍情報

タイトル:効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術

著者:「効率化の鬼」ヨス

出版年:2018年4月20日

出版社:株式会社KADOKAWA

 

効率化への道は一本ではなかった

書評ブログを漁りながら見つけたこの一冊。

『効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術』

 

他のブロガーさん達も紹介していたので、とにかく読んでみようとアマゾンでポチリ。届いた直後はパラ見程度でしたが、空き時間に詳しく読んでみると「なるほど」とうなずくこと多数。

 

一つ一つの効率化のためのショートカットやフリーソフトは知っていることが多かったが、問題はそこではなかった。要はどこまで徹底して効率化することが出来るのか、だ。

 

ヨスさんの単語登録の仕方一つ取ってみても、たまに使う程度の私とは段違いの使い方。次元が違うと言っても過言ではない。まさに単語登録王。チマチマと街の空き缶拾いをして小銭を稼いでいるのが私なら、ヨスさんはバリバリ戦車を繰って領土拡大を図る覇王。

(…………?)

 

なにはともあれ、普段は全く使わないような記号も導入して定型文を登録して打ち込むスピードを極限までに上げる。ママチャリに乗るのが私なら、ヨスさんはF1レーサー。私はたまにチリンチリンとベルを鳴らすしかないのです。

 

他にもブラウザのクロームの使い方が一つ飛び抜けている。拡張機能なんてあまり導入していなかったけれど、書籍の中で紹介されているものはどれも使って見たくなるものばかり。

他にもきっとこういった拡張機能が、私の知らないところで増え続けているのだろう。探し出せばきりがなさそうだが、この拡張機能を漁る旅に出ようと思う。

 

創作にも活かせるのか

今回、このヨス氏の著作を参考にしながら創作活動にも活かせないかと考えたのだが、そもそも創作活動の時間を増やすための仕事術であった。

であるがしかし、創作活動にも一部効率化出来る所があるのではないかと考えること。このことがこの著作から学んだことだ。

 

そもそもヨス氏の目的は細かいショートカットキーやフリーソフトを羅列することが目的ではなく、あくまで効率思考というものを身に着けて貰うためにこの本を記したのだ。

 

「もっと仕事を効率化させるためにはどうしたらよいか?」を考える「クセ」を身に着けていただくことです。

(5頁より引用)

 

私みたいにとりあえずショートカットキーの載っているページを探してきて、コピーしたら暗記しよう――なんてしている合間に出来ることは山程あることに気が付かされた。

 

そして最後にもう一つ。

 

パソコンをつけたらやるべきことをやるために、PCゲームのショートカットはデスクトップから消そうと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事