ライティングサイトの初心者

ここ数か月、ライティングサイトやクラウドソージングから、企業の運営する特化型サイトのライターへ応募をしています。このことは前にも書きましたか。多分書いたと思います。私自身、こういったライティングで記事作成をしたことは何度かあるのですが、そのたびに迷うことがあるのです。それをいくつか挙げていきます。

 

 

1:他サイトの参照

書き物をするうえで、コピペ(コピーアンドペースト)はご法度。物書きの端くれとしての、小さなプライドですがこれだけはやりたくないのです。しかし、苦手な分野やあまりよく知らない分野についての記事も書かなければ収入には繋がりません。調べ物に時間をかければかれるほど、その案件の単価も下がっていきます。その場合、どの程度の参照ならば良いのでしょうか。私はこのことについて毎回悩みます。

 

ただただ構成を変え、表現方法や言い回しを変えれば別の記事となります。されど、それで良いのかとモヤモヤします。

例えば、キーワードを検索して上位5~6サイトの内容を再構成して新しい記事を作ったとします。それで出来た記事は果たしてオリジナルといえるのでしょうか。他人の作成したものに追随して、少しだけ付け足しただけで記事を作成したことになるのでしょうか。

 

2:情報の正確性について

他サイトを参照し、記事を作成します。その過程で得た情報を文章化していくのですが、インターネットの情報量は莫大ですが正確性については怪しいものが多いです。これらをまとめて記事にすること。一から調べて、専門書をあたっていたらいくら時間があっても足りないことは分かります。ただ、その加減に戸惑うのです。トレンド記事は早急に作成しなければなりません。ライティングサイト側でも、トレンド記事や時事ネタという鮮度が命の記事は単価が高いです。それ故に正確性にも乏しいです。

 

新しく出てきたことには精査出来ない。ニュースは日々更新され、情報は一日・半日・一時間・一分とどんどん古くなり、更新され続けます。私の性格の問題なのでしょうが、新しく出てきた情報には慎重になってしまいます。スキャンダルやゴシップも苦手です。それでも書かねばならない時も、いずれはやってくるかもしれません。

 

どこで折り合いをつけるのか。それが、これからの私の課題となりそうです。一文の表現方法にすら時間をかけて迷ってしまう私にはなかなか難しそうではありますけれど。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事