友チョコがあるんだしマイチョコも・・・

バレンタインデーはもう日本に根付いてしまって、もう伝統行事的な風格さえあるような気がする。発祥が古代ローマだとか、戦後日本で米軍がチョコレートを配ったとか、もうそういう理由付けは当の昔に消え去っているのです。

なので、私も関係なく2月14日は久しぶりにチョコレートでも買って食べてみようという訳なのですよ。コンビニがハートに埋め尽くされていたとしても、私はお菓子コーナーに行ってチョコレートを買って来ますとも。

 

どんなチョコレートを買うのか?

さて、問題はどんなチョコレートを買うのかという事であります。頭が疲れた時には糖分を取ると良いらしいので、私は『大丸本舗』のぶどう糖を常備していますけどね。アマゾンで箱買いしました。


大丸本舗 ぶどう糖 18粒×10袋

とりあえずこれさえあれば頭の重さも半減します。後はオレンジジュースやグレープフルーツジュースでも飲めばいいでしょう。多少の疲れはこれで癒えます。

しかし、ですよ。

せっかくバレンタインデーなので、その日の糖分補給はチョコレートにしようと思います。そこで問題となるのは、どんな種類のチョコレートを買うのかということなのです。

 

ロッテ:Rummy(ラミー)


ロッテ ラミー 2本入×10個

一番手に来るのはやはりラミーかな。毎年、冬が来ると買っている気がする。冷凍庫に入れておいて、パリパリ感の後に来るラムレーズンの苦みを楽しみましょう。

 

 明治:アーモンドチョコ


明治 アーモンドチョコ大箱 173g

こちらも捨てがたいですね。というのも、私が幼少期によく食べていたチョコレートだからです。実家の近くに住んでいた親せきに、よくこのアーモンドチョコレートを貰っていましたから。懐かしい味のするチョコレートです。

 

 明治:ミルクチョコレート/ロッテ:ガーナミルク


明治 ミルクチョコレート 50g×10個


ロッテ ガーナミルク 50g×10箱

もう小細工なしで板チョコをバリバリいっちゃうのもありかな。ホットミルク付きで飲み込めば心はどうか知らないですが、少なくとも体は温まるでしょう。

 

バレンタインなんて

あっという間に時間が過ぎていくような気がします。バレンタインデーなんて学生の頃、意識していたでしょうか?

当日の朝、靴箱に入っていないかというソワソワした感じ。私は特にありませんでしたね。バレンタインデー当日が休日という年もありましたし。

なにより、行事らしい行事にあまり参加してこなかったので、今でも季節の変わり目を知るのはデパートやコンビニ、街の外装の飾りつけです。

このところ、甘いものといえば炭酸飲料かぶどう糖だったので久しぶりにチョコレートを買いに行くのも良いかな。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事