衝撃的な展開で終わった10巻から3ヵ月・・・。やっと最新11巻が発売された。長かったような、短かったような。

 

お話は10巻から引き続きジェシーランドでグォレラの群れとの戦いから。ハルヒロ達はいつになったらオルタナへ帰れるんですかね?読者である自分もなんだか永遠にさまよっている気分になってくる・・・。

 

グリムガルグ→黄昏世界<ダスクレルム>→ダルングガル→千の峡谷<サウザンバレー>→ジェシーランド☆New!

 

スポンサーリンク

 

 

 

ハルヒロ達は弱小チームだったはずだったのに、なんでこんなに放浪してるんですかね?ゴブリンスレイヤーとか呼ばれていた時が懐かしい。しかも、ほとんど明らかになっていない世界を冒険して、今度はなにやらノーライフキングの秘密に近付いている感じ。

 

同期のチーム・レンジやチーム・トキムネにいるキッカワを、かなり大きく離していると思う。暁連隊にも加入しているし。まぁ、成り行きでそうなってはいるけれど、そっちの方がワクワク感ある。

 

それにしても、前の巻でメリーさんどうなっちゃうの?って感じだったけど、やっぱり死んじゃったね。これはネタバレか。一応、タイトルには【ネタバレ注意】と書いておいたしいいか。それにこんなブログ読んでる奴おらんでしょ。

 

んで、ジェシーがどうして急所を刺されても死ななかったのか分かってきたね。どういう原理でそうなってるのか分からないけど。読んだ限りじゃ、継承型の不死の能力みたいだよね。メリーさん、最後に炎の魔法ぶっぱしてたし。メリーさん、強くない?

 

何かのデメリットとかあるんだろうか?ジェシーがメリーさん生き返らせるために、自分が犠牲になる事に迷いは無かったみたいだけど。自分も一部になるからいいでしょ、くらいだったのかね?

 

あの継承された記憶を辿って行けばグリムガルの秘密とか分かりそうだけれど、途中までしか戻れないみたいだね。ジェシーはノーライフキングについて何か知ってそうだったけど。

 

一難去ってまた一難。早くハルヒロ達はオルタナに戻れるといいね。作者のあとがきでは、予定だともうオルタナの近くまで戻っていると書いていた。読む限りだとま~だかかりそう。

 

トッキーズのミモリとハルヒロが再会したらどうなるか気になるなぁ。あと、ランタの冒険とか。ランタ、やっぱ戻って来るのね。フォルガンの中で鍛えられて、そのうちハルヒロと対決~なんて事は無い様子。ランタ度々うざいけど、やっぱりいないと寂しいよね。

 

あぁ、早く12巻でないかなぁ。

 


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事